水遊びにおすすめ!狭いベランダOKの小さいサイズのビニールプールはこれ!

こんにちは!taczoo8です。

ママさん、今日も1日お疲れ様です。

暑い日が続いてくると、水遊びをバシャバシャとやりたくなりますよね。

実家では、夏の時期になると巨大なプールが出現し姪っ子甥っ子にも大人気!

taczoo8
taczoo8

でも我が家はアパート暮らしなので、こんなビニールプールはまず無理!

かといって、噴水などがある公園に毎日連れて行くのはなかなか大変!

調べてみると「ベランダでも水遊びができる小さいビニールプール」の存在を知るのですが…

taczoo8
taczoo8

小さいサイズでも、我が家には置けない100cm越えのビニールプールばかり…。

しかも、お値段もそれなりにする…。

お家で何とか気軽に水遊びが出来ないものか…。

この記事を読めば、そんなお悩みをお持ちのママのお役に立てるはずです。

こんなママの悩みを解決
  • 狭いベランダでも子供を水遊びさせたい
  • 狭いベランダでも置ける小さいビニールプールが欲しい
  • 値段ができるだけ安くて小さなビニールプールが欲しい

色々と探していくうちに、「狭いベランダでも置ける小さいビニールプール」を発見しました!

もちろん私のようなアパート住まいのベランダでも子供が水遊びを楽しむことができますよ。

taczoo8
taczoo8

参考になれば嬉しいです♪

ついに出会えた!狭いベランダでも置ける小さいビニールプールはこれ!

「アパートの狭いベランダでも子供を水遊びさせたい!」

そんな私の願いを叶えるべく、探し求めてついに出会えたビニールプールがこちらです。

トイザらスで発見した「INTEXの3リングベビープール」です。

対象年齢は1〜3歳で、サイズは幅61cm

taczoo8
taczoo8

我が家のベランダは、幅が70cmなのでゆとりを持って置けます!!!

種類は、全2種類

私が購入した「くまちゃん柄」と、「恐竜柄」です。

オンラインショップで買うこともできますよ。

お値段は、トイザらスでは799円(税込)

1000円でおつりが返ってくるほど格安でGETできるなんて驚き!!

小さいビニールプールでベランダ水遊びをしてみた!

やっと私の願いが叶う時がやってきました。

購入した翌日に、お天気がとても良かったのでさっそくベランダで水遊びを体験♪

taczoo8
taczoo8

今回の水遊び体験で感じたことを準備をするところからお伝えしていきます。

  • 小さいビニールプールだから準備が楽ちん!
  • 小さい子どもなら水遊びを満喫できる大きさ!

【ベランダ水遊び体験レビュー1】小さいビニールプールだから準備が楽ちん!

箱から取り出してみるとコンパクトさに本当びっくりします。

「これで、水遊びなんかできるんかい…。」

という小ささです。

ビニールプールに穴が空いたり破けた時に修理ができる修理パッチが付属でついてきます。

taczoo8
taczoo8

もし、穴があいてもすぐに修理ができるのはありがたいですね。

膨らますところは全部で4ヶ所あります。

  • ビニールプール底の部分
  • 側面のリング3段の部分(1段ずつ)

ビニールプールを膨らますと、卓上テーブルに乗ってしまうほどの大きさです。

購入する時に空気ポンプの同時購入をおすすめされましたが、このサイズであれば空気ポンプは全く必要ありません

肺活量が少なくて浮き輪を膨らますのに苦労している私でも、あっという間に膨らますことができました♪

ベランダにビニールプールを置いてみるとこんな感じです。

ゆとりもあっていい感じ♪

ビニールプールが小さい分、必要なお水も少なくて済むので経済的にも助かります

【ベランダ水遊び体験レビュー2】小さい子どもなら水遊びを満喫できる大きさ!

おもちゃを引き連れて水遊び開始!

taczoo8
taczoo8

一丁前に水着も着てみました♪

コンパクトサイズのビニールプールなので泳ぐことはできませんが、小さい子供であればまだ泳ぐこともできないのでこのサイズでも十分!

Soyaもおもちゃを使って水遊びを満喫していました。

ベランダなら、いくらびちょびちょにされても平気!

(頭上に洗濯物がある時には気をつけましょう。笑)

ビニールプールの水面の高さは1〜2歳児の膝下くらい

水の溜める量にもよりますが、溺れる心配もほとんどないのでママも安心して水遊びをさせることができます。

子供の水遊びデビューを考えているママにはぴったり♪

ちなみに、

準備が楽なら片付けも、すごく

水遊びが終わった後は、物干し竿に吊るして乾かしておくことができるからです。

これなら、地面に置いておいて汚れるといった心配もありません。

INTEXベビープールを購入して分かったこと

今回ビニールプールを購入して気付いたことを改めてまとめておきます。

  1. 小さいビニールプールは、準備と片付けが楽ちん
  2. 小さいビニールプールは、必要な水の量が少なくて経済的
  3. INTEXベビープールのサイズは、小さい子どもでも水遊びを満喫できる
taczoo8
taczoo8

夏の時期の我が家は、このビニールプールの出番が多くなりそうです♪

子どもの水遊びに最適な小さいビニールプールを選ぶポイント

私が購入したINTEXの小さなビニールプール。

このビニールプールに出会うまで、どのようにしてビニールプールを探し選んでいったかを少しお話します。

ポイントは3つ。(おまけで1つあります。)

これは、購入する時のポイントにもなるので良かったら参考にしてくださいね。

taczoo8
taczoo8

お役に立てたら嬉しいです。

  • ベランダに置けるサイズを知る
  • クッション性のあるビニールプールが条件
  • 商品と価格が納得できるか見極める
  • (おまけ)汎用性があったら嬉しい

【ビニールプール選びポイント1】ベランダに置けるサイズを知る

まずは、ご自宅のベランダの幅のサイズ。つまり、ビニールプールが置ける幅のサイズを測りましょう。

ビニールプールを調べていくと

  • ベランダに置ける
  • コンパクト
  • ミニサイズ

といったビニールプールが多くありますが、大体は幅100cm以上のものばかりです。

taczoo8
taczoo8

普通のビニールプールに比べれば「コンパクト」かもしれませんが…。

ご自宅のベランダ幅が100cm以上あれば何の問題もありませんが、そうでなければその商品を見ていても実際は置けないので無駄になってしまいます

逆を言えば、

ご自宅に置けるビニールプールのサイズを知っておけば、商品選びがうんと楽になります

特にサイズが100cm以下のビニールプールの種類はほとんどないので、商品の絞り込みはかなり楽になりました。

「赤ちゃんにも水遊びを体験させてみたい!」というママには、ビニールプールの高さが低いものもあったので参考にしてみてください。

【ビニールプール選びポイント2】クッション性のあるビニールプールが条件

小さな子どもが遊ぶので、ある程度クッション性のあるものを条件にした方が良いと思います。

何故かというと

純粋に遊んでて痛くない!からです。

ビニールプールが大きくて浮いて遊ぶ!

ということであれば、水力があるのでそこまでクッション性はなくても良いのかもしれません。

しかし、水遊びということはベランダにそのまま座っているようなもの。

ずっと夢中に遊んでいたら

お尻…。痛くなっちゃいますよね?笑

それに、クッション性があれば怪我の防止にもつながります

もし「クッション性があまりないけどこれが欲しい!」というビニールプールに出会ったら

ビニールプールの下にクッション性のあるレジャーシートなどを敷くと良いですよ♪

【ビニールプール選びポイント3】商品と価格が納得できるか見極める

どんな商品を選ぶ時にも同じことが言えますが、「商品と価格が見合っているか」はとても大切なポイントです。

いくら良い商品だとしても、金額が高すぎれば買うのに躊躇してしまいますよね。

taczoo8
taczoo8

しかも、シーズンものとなると余計悩むところではあると思います。

一方で、安すぎてもクオリティー面で心配になってしまうこともあるかと思います。

一番良いのは、店頭で実物と値段を見て決めること

「百聞は一見にしかず」と言いますが、商品と価格のバランスを見極めるには一番手っ取り早い手段です。

私が商品を購入する場合は、

  1. 実際に店舗で見て、自分が納得のいく商品かどうか見極める。
  2. オンラインショップと実店舗のどちらでよりお得に買えるか比べる。
  3. 「その商品を買うこと」に自分が本当に納得できているかもう一度問う。
  4. 買う。

というステップを踏んでいます。

面倒かと思うママもいるかもしれませんが、これが結果として衝動買いを抑え後悔しない商品を買うことにつながっています

taczoo8
taczoo8

もちろん、途中で「やっぱり買うのやめた」という判断になることも多くありますよ。

そんなん面倒だわ」というママには、

オンラインショップである程度口コミを見てから「ぽちっ」が一番の方法かと思います♪

【ビニールプール選びポイント(おまけ)】汎用性があったら嬉しい

ビニールプールは夏場に大活躍してくれるものですが、汎用性があったら嬉しいですよね。

もし、違うものに使うとしたら…。

という目線で探していくと良いですよ。

例えば、

  • 室内ボールプールとして遊べるかも
  • 下の子の沐浴やお風呂として使えるかも
  • 室内で秘密基地を作ってあげられるかも

夏場以外にも、もし使える場面が想像できれば本来の使い方以上に大活躍してくれます

今回、購入したビニールプールであれば

室内においてもすごく邪魔になることはないから、ボールプールとしても遊べるかなぁ〜。

ボールプールだったら、まだ水遊びデビューが出来ない赤ちゃんでも遊べるかなぁ〜。

と思ったのも購入を決めた一つの理由です。

まとめ

いつしかのSoya水遊びデビューの1枚

できれば、おうち時間も楽しく過ごしたい夏の時期。

今回ご紹介したビニールプールがあれば

  • 狭いベランダでも子供を水遊びさせることができます。
  • 毎日水遊びをしても準備と片付けをするママが大変ではありません。
  • 水を多く使わないので毎日水遊びをしても経済的です。

ママも子供もHappyな水遊びができるのです♪

まさに「家で気軽に水遊びできるビニールプール」。

今日は、私のようなアパート住まいのベランダでも水遊びを楽しむことができる小さいビニールプールについてご紹介しました。

少しでもビニールプール選びの参考になったら嬉しいです。

それでは!

ママが今日も1日顔晴れますように♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA