【ベビーカーの選び方】失敗しないベビーカーの種類と選び方

こんにちは!taczoo8です。

ママさん、今日も1日お疲れ様です。

赤ちゃんや小さい子供とお出かけする時に必要になるベビーカー。

子供が産まれたらベビーカーの購入を検討し始めるママも多いかと思います。

しかし!!

taczoo8
taczoo8

ベビーカーの種類が多すぎて何が良いのか、どうやって選べばいいのか分からない…。

そう悩んではいませんか?

私がSoyaを出産した時には、義理姉にベビーカーをレンタルしていたので何も悩まずに済みました。

しかし、2人目の出産が被りベビーカーを借りている訳にはいかなくなってしまったのです。

いよいよベビーカー選びをしなければ…。

taczoo8
taczoo8

安い買い物ではないから失敗したくない!!!

一度買うと買い直しがなかなかきかないベビーカー。

せっかくなら、失敗しないベビーカー選びをしたいですよね。

そんな思いから、

必死に調べて、実店舗へ何度も足を運びベビーカーを購入することにしました。

今回は、そんな私がようやくベビーカーを選んで購入するまでのことを3回に分けてお伝えしていきます。

  1. 【ベビーカーの選び方】失敗しないベビーカーの種類と選び方
  2. 「自分に合う」ベビーカーはこれ!機能別おすすめベビーカー3つをご紹介
  3. 【実体験レビュー】「エアバギー ココプレミアフロムバース」のメリット・デメリット

1回目は、失敗しないベビーカーの種類と選び方についてご紹介します。

この記事を読めばこんなことがわかります。

  • ベビーカーにはどんな種類があるのか
  • 失敗しないためには、ベビーカーを選んでどのように選んでいけば良いのか
  • 失敗しないベビーカーを購入するためのポイント
taczoo8
taczoo8

少しでもお役に立てれば嬉しいです。

ベビーカーの種類

「ベビーカー選びで失敗したくない!」

それ以前の問題で、ベビーカーの種類が多すぎて途方に暮れているママも多いと思います。

まずは、ベビーカーの種類について整理していきましょう。

ベビーカーには大きく分けて「A型」と「B型」の2種類があります。

そして、タイヤの数は「3輪タイプ」と「4輪タイプ」に分けられます。

【ベビーカーの種類】A型ベビーカーとB型ベビーカー

ベビーカーには大きく分けて2種類の型があります。

出典;Pigeon公式サイト

2種類の型の定義は、SGマーク制度の基準によって分類されています。

taczoo8
taczoo8

2つの違いを表にしてみました。

A型ベビーカーB型ベビーカー
首すわり前から使用可能
(最短1ヶ月~最長48ヶ月)
お座りができる時期から使用可能
(最短7ヶ月頃~最長48ヶ月)
リクライニングは最も立てた状態で100°以上
リクライニングは最も寝かせた状態で150°以上
リクライニングは最も立てた状態で100°以上
シート部分の側面と頭部に高さ10㎝の壁がある規定なし
連続使用時間:2時間
(ただし、座っている時は1時間)
連続使用時間:1時間

一般的に、A型ベビーカーは初めてのベビーカーとして「ファーストベビーカー」、B型ベビーカーは少し大きくなってきた子供が使うベビーカーとして「セカンドベビーカー」と呼ばれています。

A型ベビーカーは、比較的高機能で値段が高いものが多いです。

一方で、B型ベビーカーはコンパクト設計で値段が安いものが多いのが特徴です。

【ベビーカーの種類】タイヤの数

ベビーカーの型以外に、大きな違いとしてあるのが「タイヤの数」。

3輪タイプと4輪タイプに分けられます。

出典:AirBuggy公式サイト、Pigeon公式サイト

3輪タイプの特徴
  • 前輪1つ、後輪2つのタイヤ
  • 小回りが効くため、操作性と走行性◎
  • サイズは大きめ
4輪タイプの特徴
  • 軽量でコンパクトなものが多い
  • 対面式、背面式の切り替えができるものが多い

対面式は、赤ちゃんの顔が常に見える状態(ママと対面の状態)でベビーカーの操作ができます。

背面式は、進行方向に赤ちゃんが向いている状態でベビーカーを操作できるものを言います。

失敗しないベビーカーの選び方

ベビーカーの種類が分かったので、失敗しないベビーカー選びのポイントについてお伝えしていきます。

まず、1番大事なことは

自分が実際に子供とお出かけする環境がどのようなものか

これを、しっかりと理解することです。

何故かというと、環境によってベビーカー選びで何を重視するべきかが変わってくるからです。

ベビーカーを使う環境は、人によって様々。

  • 電車やバスをよく使う。
  • 車移動が多い。
  • 舗装されていない道が多い。
  • 坂道が多い。
  • 家にベビーカーを置くスペースがあまりない。
  • 狭い道をよく通る。

まずは、自分がベビーカーを使う環境がどのようなものか整理していきます。

整理した後に、ベビーカーを実際に使うことを想像しながら「何を重視したいのか」を絞っていきます。

taczoo8
taczoo8

ここでは、ママからよく挙げられる3つの「ベビーカー選びで重視したいこと」をピックアップしてみました。

それぞれのベビーカー選びで重視したいことに対して、チェックするべきポイントについてご紹介します。

ベビーカー選びで重視したいこと
  1. コンパクトさを重視したい
  2. 走行性を重視したい
  3. 持ち運びやすさ(軽さ)を重視したい

ベビーカー選びで重視したいこと3選】コンパクトさ

コンパクトさを重視したいママは、こんな環境でベビーカーを使うことが多いです。

  • 自宅のベビーカー置き場が狭い
  • 狭い道をよく通る
  • よく買い物に行くスーパーの店内は狭め

この場合、3輪タイプよりも4輪タイプを選ぶと失敗がありません。

3輪タイプは4輪タイプに比べてサイズ感や重量もあるからです。

重量は4輪タイプでも様々ありますが、比較的コンパクトなのは4~5kg。その辺りを中心に選んでいくと良いでしょう。

ここをチェックすると◎
  • 本体の大きさ
  • 折りたたんだ時の大きさ

本体の大きさは、タイヤの大きさに比例して大きくなります。

本体の大きさは、タイヤの大きさに比例して大きくなります。横幅が広いと狭い道が通れなかったり駅の改札が通れないこともあるので要注意!

taczoo8
taczoo8

海外製のベビーカーは大きめのものが多いです。

ベビーカーを折りたたんだ時の大きさも注目しておきたいポイントです。

折りたたんだ時のサイズが許容範囲であるかチェックしておくことで買った後に「収納できない!!!」なんてことを防ぐことができますね。

また、折りたたんだ時にベビーカーが自立するかどうかも大事!

taczoo8
taczoo8

自立してくれるのとそうでないのだと、収納だけではなく出先で折りたたんだ時のストレスも変わってきますよ。

ベビーカー選びで重視したいこと3選】走行性

走行性を重視したいママは、こんな環境でベビーカーを使うことが多いです。

  • 舗装されていないガタガタの道が多い
  • 段差がある
  • 砂利道を通ることがある

この場合、注目すべきは「タイヤとフレームの頑丈さ」です。

ベビーカーを押す環境があまりよくないので、「とにかく押しやすい」「衝撃や振動が伝わりにくい」ことに重きを置くとベビーカー選びを失敗することはありません。

ここをチェックすると◎
  • タイヤの大きさ
  • タイヤの種類
  • フレームの頑丈性

タイヤの大きさが大きいほど、段差は乗り越えやすいです。

その分赤ちゃんに伝わる衝撃や振動を吸収してくれますよ。

taczoo8
taczoo8

タイヤの大きさは15㎝以上を目安に選ぶのがおすすめ♪

タイヤの種類は3つあります。

それぞれに良さがあるので順番にみていきましょう。

  1. ダブルタイヤ
    • 安定感◎
    • 道路の溝にタイヤがハマりにくく軽いものが多い
  2. シングルタイヤ
    • 小回りが効いて押しやすい
    • スムーズな走り心地でガタガタしにくい
  3. エアタイヤ
    • 安定感と衝撃や振動の吸収性はピカイチ
    • ベビーカー本体が重くなるものが多い

それぞれのタイヤによって良さが異なるので、より自分の環境に合ったものを選べると良いですね。

taczoo8
taczoo8

フレームが頑丈であることも衝撃や振動に耐える上で重要です。

フレームの作りやサイズは、タイヤの大きさに比例してきます。

つまり、

タイヤが大きいほど頑丈にしっかりと作られているのです。

重さがあるほどベビーカーは安定するので、衝撃や振動を感じにくいとメリットがありますよ♪

taczoo8
taczoo8

最近では、シートやサスペンションで衝撃や振動を吸収してくれるベビーカーも増えてきています。

サスペンションとは、タイヤとベビーカーの本体の間にあり衝撃や振動を吸収してくれる機能を持っている装置のこと。

タイヤの大きさや種類と合わせて「衝撃吸収」「振動吸収」を特徴としているベビーカーもチェックすると良いです。

ベビーカー選びで重視したいこと3選】持ち運びやすさ(軽さ)

持ち運びやすさ(軽さ)を重視したいママは、こんな環境でベビーカーを使うことが多いです。

  • ベビーカーを持ち運びすることが多い
  • バスや電車に乗ることが多い
  • 自宅にエレベーターが無い(階段をよく使う)

こんな場合は、軽さが自慢のベビーカーを選ぶと良いです。

ベビーカーを持ち運ぶ時のことを想像してみてください…。

運ぶのはベビーカーだけではないですよね。

赤ちゃんを抱っこ+たくさんの荷物+ベビーカー=かなり重労働

これが毎日となったら、ママの負担は相当のもの。

ここをチェックすると◎
  • 軽さは、5k以下のもの
  • 折りたたみやすさ

ベビーカーは平均して7~8kg程あります。

(重たいものだと10kg以上のものも…。)

片手で楽に持ち運びができるものを中心に選んでいくと失敗がありません。

ママ友
ママ友

ベビーカーが軽いと衝撃や振動が赤ちゃんに伝わりやすいのでは?

軽くても、衝撃や振動を吸収してくれるベビーカーはあるので心配ありませんよ。

taczoo8
taczoo8

できれば5kg以下か5kg台のベビーカーを選ぶとママの負担も軽減できます!

持ち運びが多い場面では、折りたたみやすさも重視したいところです。

片手で簡単に折りたためるベビーカーだと「赤ちゃんをわざわざ抱っこしてから折りたたむ」という手間が省けるのでとても楽ちん♪

実際に使い始めてから、その便利さと楽さを実感しているママは多いですよ。

失敗しないベビーカーを購入するためのポイント

ママからよく挙げられる3つの「ベビーカー選びで重視したいこと」でチェックするべきポイントについてご紹介してきました。

taczoo8
taczoo8

自分がベビーカー選びで重視するべきポイントも整理できたかと思います。

ここからは、ベビーカーの候補を絞っていよいよ購入!

その前に!

失敗しないベビーカーを購入するための3つのポイントをお伝えします。

失敗しないベビーカーを購入するためのポイント3選
  1. 店頭でベビーカーを直接見て、実際に操作する
  2. ベビーカーの購入は、赤ちゃんが産まれてからでも遅くない
  3. ベビーカーをレンタルをしてから購入するのもあり

1つずつ説明していきます。

【失敗しないベビーカー購入のポイント1】店頭でベビーカーを直接見て、実際に操作する

ベビーカーの候補を絞ったら、店舗に行き実際にベビーカーを見て操作をしてみましょう。

これは、

「失敗しないベビーカー選びで1番大事」

と言っても過言ではありません。

何故かというと、イメージしている使い心地と実際の使い心地が違うことがあるからです。

せっかくベビーカーを買ったのに「イメージしてたのと違う…」と思っても、時すでに遅し。

店舗によっては段差や砂利道などを再現してくれているところもあるので、使い心地をより実感できるはず。

taczoo8
taczoo8

実際に、使ってみて使いやすいかどうかはとても大切です。

【失敗しないベビーカー購入のポイント2】ベビーカーの購入は、赤ちゃんが産まれてからでも遅くない

赤ちゃんが産まれる前にベビーカーを購入するママも多いかと思います。

その場合だと

店舗でベビーカーを試す時には、人形を乗せて操作することになります。

実際の使い心地を体験することと似ている部分がありますが、

ベビーカーを操作するのに、人形を乗せるのと自分の子供を乗せるのでは違いがあります

赤ちゃんがベビーカーに乗ることができるのは基本的に1ヶ月後。

赤ちゃんが産まれて落ち着いてから、店舗で体験をして購入するという方法をとっても遅くはありません。

また、赤ちゃんが産まれる前に重視したいと思っていたことも、

実際に産まれると「実はこっちの方が重要かも」と気づくこともあります。

赤ちゃんが産まれた前と後で重視したいことが変わってくるのでベビーカーの選び方も変わって来る可能性があります

赤ちゃんのことを考えて万全な用意をしておくことも大事ですが、余計な出費を抑えるためには1つの方法と言えます。

taczoo8
taczoo8

産まれる前に想像していた生活と実際が異なる場合もありますもんね。

【失敗しないベビーカー購入のポイント3】ベビーカーをレンタルをしてから購入するのもあり

ベビーカー選びをしていく時に、

「どうしてもその場で候補を絞れない」

「なかなか決められない」

というママは、ベビーカーをレンタルしてから購入するのも1つの手です。

店舗で1回の体験だとなかなか使い心地が分からなくても、数週間のレンタルであればより自分の生活に合っているかどうか判断しやすいからです。

最短で1週間からレンタルが可能なショップもあります。

taczoo8
taczoo8

もしかしたら、「ベビーカーはとりあえず無くてもいいかな」という答えになるかもしれません。

失敗しないベビーカーの種類と選び方のまとめ

出産後に必要になる育児用品の中でも、ベビーカーの決して安くはない買い物です。

失敗しないベビーカー選びをするためにも、

自分が重視したいポイントをおさえて生活環境に合ったベビーカー」に出逢えると良いですね。

ポイントをおさえることができれば、

自然にあなたにとって失敗しないベビーカー選びができるはずです。

もし、ベビーカー選びで困ってしまったらこちらの記事を参考にしてみてください。

「ベビーカーの選び方に失敗はある?!」自分に合うものが分かる機能別おすすめベビーカー3選

ベビーカー選びで重視したい3つのポイントの中から、

もし私が購入するとしたらこれ選ぶ!というおすすめのベビーカーを求めたい機能別に3つご紹介しています。

taczoo8
taczoo8

そんなことより私が買ったベビーカーはどうなの?というママにはこちらの記事がお役に立てるかと思います。

【実体験レビュー】「エアバギー ココプレミアフロムバース」のメリット・デメリット

それでは!

ママが今日も1日顔晴れますように♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA